読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around50而知天命

初めての42.195km、東京マラソン2017

応募5回目で初当選した東京マラソン2017

走った

4回の落選を経て、5回目の応募で当選した東京マラソン2017。

 

1年の間に、10kmマラソンとハーフマラソンを合わせて、レースを3つほど走るようになって数年。

 

1度くらいはフルマラソンを走ってみたい。

でも自信がない。

完走の可能性があるとしたら、コースのアップダウンがあまり激しくない東京マラソンかなあ。

でもやっぱり自信がない。

当選すれば走れという思し召し、落選すれば走るなという思し召し……と応募。

そして落選。

 

「42.195kmを走らずに済んだ」という安堵と、「走ってみたかった」という落胆の交錯。

そんな毎年の風物詩も、だんだんと寄る年波による弱気が優勢になってきたところで初めて届いた当選メール。

 

Fri, 16 Sep 2016 15:30に届いた当選メール(私宛)

f:id:poerava:20160920122447p:plain

 

参考:Fri, 16 Sep 2016 11:06に届いた落選メール(家族宛)

f:id:poerava:20160920122534p:plain

 

落選メールはタイトルの飾り罫の右端が揃っていない!

 

ちなみに2016年の落選メール。

届いたのは、Wed, 16 Sep 2015 13:04

f:id:poerava:20160928141536p:plain

 

フォーマットが若干変化している。

これ以前のメールは捨ててしまったようで残っていなかった。

 

毎年、

「誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました」

と、あくまでも”今回は”で押し通してくる落選のご報告。

2007年(平成19年)の第1回から応募し続けて、今回11通目の落選メールを受け取った子もいるんですよ。

 

夏にプールで若干絞れていたのと、秋に予定している10kmマラソンに向けてトレーニングを始めていたのとで、大会前のトレーニング初期に毎度現れる、腰・脚の付け根・膝の関節痛はすでにだいぶ軽くなっている。

とはいえ、10kmやハーフでは騙し騙し完走できる足腰の関節痛も、練習量含め長丁場になるフルマラソンではどこまで騙せるか見当もつかないし、レース中に痛み出したらそこから先は騙せる自信がない。

体力以上に、日頃から抱えている痛みに対する不安が大きい。

 

でも、神さまの思し召しだからね。

 

メールを受け取った翌日、10kmに向けたトレーニングをフルマラソンに向けたトレーニングにまずは気持ちだけ切り替えようと、スポーツクラブに足を運んだ。

 

そして、トレーニングしたり考えたりしたことを書いていくのも励みになるかも、レース後にどれだけ頑張ったか、どうして頑張れなかったかを振り返るのもいいじゃない、と思いついて、ブログ始めました。

 

☆9月17日のトレーニング

 

スポーツクラブで

 筋トレ

  お腹、腰、足(外、内)

 

 トレッドミル

  8km/h 60分

  10km/h 3分