読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around50而知天命

初めての42.195km、東京マラソン2017

路上21kmほど

走った

☆今日のトレーニング

 

路上で

 約21kmラン 2時間7分くらい

  前半10km 1時間2分くらい

  後半10km 1時間5分くらい

   (10~15km少々の区間、15~20km少々の区間ともに、

    32分ちょいでペースは同じ。

    でも15~20km少々の区間はアップダウン繰り返しつつも下り)

 

左もも裏の違和感から1週間休んだので、いつもの10kmちょいを様子見ながら……のつもりだったけど、5kmを過ぎたあたりで「加速しなければ20km行けるかも」と思ったので21kmくらいを走った。

 

しかし、最初10kmのつもりで20kmにするっていうのは無謀だな。

色々、無謀。

 

日焼けしたほどの快晴&そこそこ気温も高い中、持っていたのはアミノバリュー300mlだけだったから、水分が足りなかった。

ソックスのつま先手前の縫い目の位置が悪くて、走り出したところで左の小指に当たっていて痛いなと思ったのを、10kmだしまあいいかと放置してそのまま20km走ってしまったので、出血して水ぶくれもできてしまった。

あとはやっぱり10kmのつもりで走っていた前半5kmは、20km走る自分にとってはオーバースピードだったんだろうな。

後半、気づいたら右大腿骨の付け根から腿外側が強く痛むようになっていて、終盤の3~4kmはふくらはぎが固くなって攣りそうで、走り終わった時は屈伸もままならなかった。

帰り道、歩いている時に攣るかと思った。

ハーフのレースでもここまでならない、っていうくらいのダメージだった。

 こんなに疲労したんじゃダメだ。

 

「本当の敵は自分だ!」とか言うけど、自分どんだけ強いのよ……と終盤の4~5km、歩いちゃおうかな、歩いていいのよ、歩いちゃえ歩いちゃえ、という誘惑と闘いながら思った。

 

夕飯は焼肉にして牛、豚、鶏を食べて、腰とふくらはぎをアイシングして、ロキソニンテープを貼って寝る。

明日どうなっていることやら。

広告を非表示にする