読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around50而知天命

初めての42.195km、東京マラソン2017

路上20km

走った

☆今日のトレーニング

 

 路上で

  約20kmラン 2時間16分くらい

   ~05km 33分くらい

   ~10km 32分くらい

   ~15km 35分くらい

   ~20km 34分くらい

 

曇り気味だし涼しかったし、最初から20kmをゆっくり走ろうってつもりだったしで、呼吸は最後まで上がることなく良い感じだったけど、両脚がうんざりするほど痛かった。

どれくらいだろ?

薄っすらとした痛みはわりと早くから出始めて、12,3kmくらいから強くなったんだったかな。

呼吸が楽だったから、信号待ちで屈伸やストレッチをしてなんとか走りきったけど、あと20km走れるかといったら無理。

でも、今日の痛みは「やめといたほうがいい」っていう痛みじゃなくて、「痛みを感じながら走りぬいたほうがいい」って感じた。

 

走り終わった直後は歩くのもつらかったけど、帰宅してシャワーを浴びて片付けたりしているうちに痛みはほぼ消えて、疲労が残るくらいになった。

代わりに、足の人差し指の爪が痛い。

 

先日、足の小指に水ぶくれができて出血したり、ここ最近、走ると足の人差し指の爪が痛くなっていたりしたのは、ランニングシューズのサイズを間違えていたのが原因だったと昨日発覚した。

先代と同じサイズを買ったつもりが、0.5cm小さいサイズを買っていた。

今のシューズを買って1年ちょっと経つし、レースも何度か走っていたけど、まさかサイズを間違えていたとはなあ。

驚いた。

東京マラソンに向けて新調するつもりだったので、前倒しして新しいシューズを購入。

10kmの大会までに気づけて良かった。

 

私の足は親指より人差し指が長い、俗にいわれているギリシャ型というやつなので、靴のサイズは大きめじゃないと合わない。

でも大きめにするとまたこれはこれでホールド感が合わないことが多い。

人差し指が長いだけで全体のサイズを大きくしているのだから当然だけど。

シューズ選びは、ランニング用もウォーキング用もパンプスも、いつもいつも大変。

広告を非表示にする